チェコビーズ ドロップ100色以上!PARAPHERNALIA(パラファネリア) ハンドメイド材料・ツール通販 by PENRY

・パラファネリアはチェコビーズのドロップ(しずく型)を中心に販売しているショップです。
チェコビーズとは・・・チェコ共和国(Czech Republic)で製造されたガラスビーズです。当店は直輸入による現行品を主に取り扱います。

(19/11/15)年末にかけてご注文が大変混み合ってきています。ただいま発送まで最長5営業日程度です。
≪過去のお知らせ等はこちら≫

チェコビーズの色の見方

ビーズの資材であるPreciosa(プレシオサ)の色ガラスには、5桁の色番号があります。
5桁のそれぞれに、色合いや明度、種類(質感)といった意味合いがあります。

つまり、この色番号だけでチェコガラスビーズの色が判明する、ということです。

チェコビーズの小売、転売は数多く、売り手が個々に色名を自由に名付けています。
そのため同名であっても、売り手により異なる色を指していることもあります。
そうなると買い手は混乱しますね。手持ちと同じ色と思ったが違った、ということが往々にとして起こるわけです。そこで、色番号を確認することによって任意の色を求めることができます。

パラファネリアでは商品詳細の欄に色番号を表記しています。
(ハンドメイドの混色や他社製品、廃盤などでリストにない色は『ORG』と表記しています。これらについて指名するときは『品番』をお知らせください)

1桁目

0〜9のグループに分類される色合いを示しています。
色名の呼称には、貴石・半貴石を用いるのが主なためそれらの呼称を追記しています。

0 crystal and white CRYSTAL
1 topaz,brown TOPAZ
2 purple,violet AMETHYST,ALEXANDRITE
3 blue SAPPHRE,MONTANA
4 gray BLACK-DIAMOND
5 green CHTYSOLITE,OLIVINE,PERIDOT,EMERALD,THRMALINE
6 aquamarine AQUA,TURQUISE,AQUAMARINE,ZIRICON
7 pink ROSALINE,ROSE,PINK,FUCHSIA
8 yellow AMBER,JONQUIL
9 red HYACINT,SIAM,GARNET,CORAL

です。追加された色もあるので、名称があいまいなものもあります。
特定の色合いのバリエーションが集中するのは、色ガラスの原料、研究と発展に起因するところが大きいのでしょう。その話は別のところでまたいずれ。

名称には違和感を覚える人も少なからずいると思います。アメジストの色合いについてクレームがありました。アメジストって実物はもっとこうだよ、といったような。個人的には同意できるのですが、国の異文化により生まれたものなので、無理に主観に当てはめるのではなく、ここは郷に入ってはでありのまま受け入れるところだと私は思います。当時はアメジストに近い色を作るのにこれが限界だったのかなとか、文化的な好みなのかなとか、色々憶測してみてはいかがでしょう。

2桁目

種類(質感)です0〜8種類に区分されます。

0 clear colored glass (transparent)
1桁目の表を参照
1 opal glass
2 alabaster glass
3 saturated (opaque) glass
4 glass with silk gloss
5 agate and satin glass
≪サムネイル付き番号表はこちら≫
6 moonlight(moonshine)
≪サムネイル付き番号表はこちら≫
7 overlay
≪サムネイル付き番号表はこちら≫
8 strips
≪サムネイル付き番号表はこちら≫

大まかにいうと、0は透明、1はいわゆるミルキーカラーの半透明、2はアラバスター(大理石模様)3は不透明、4はシルク(透明と不透明のミックス色)、5〜8は混色(透明と不透明のミックス色でシルクとは異なる配合のサテンも含む)といった感じです。

いまいちイメージし辛い項目があると思います。オーバーレイって何?シルクとサテンは違うのか?など。ちなみにオーバーレイカラーはについては"inside colored"であるとのこと。もう一つの色を内包したデザイン、ということですね。シルクカラーは滑らかで少しパーリィな質感になり、サテンは濃淡による波打つ縞の質感です。
これらをビーズに仕立てるにあたって、アラバスターなども特徴を生かすには形状やサイズを検討する必要があるなど、相性もあります。混合色については実物を見て確認することをおすすめします。色番号の2桁目に注目してみてください。
混色はビーズの形状によって様変わりします。必然的にサイズの大きいビーズであればあるほどマーブルの模様が映える、ということです。
逆にあまり小さいと一粒に混色の特徴が入りきらないことも有り得ます。例えばピンクとパープルの2色混合であれば、2粒にピンクとパープルが分割されてしまうなどです。

3桁目

明度。
わかりやすくいうと、1桁目で分けられた10からなるグループをさらに細分化したものです。
例えば、2のクリアのパープルグループでいうと、パープルは『000』『200』『300』『500』番台の4つの子グループに分けられています。

4桁目

彩度。数字が大きくなるに従って濃度が上がります。1のトパーズグループでは、『0(00)』から『12(120)』までの13段階に濃淡が作られています。
色名で呼ぶときは『トパーズ2番』『トパーズ10番』のようにした方がわかりやすいかも知れませんね。

5桁目

単色、混色ともに新色の後発品が増え、調整に5桁目が必要になったため、追加されたに過ぎないようです。
ほとんどの場合『0』で特に意味がありません。昔の色見本ではベーシックな色ガラスは4桁で表記されており(90080であれば9008といったように)、現在でも通用します。

これらの5桁の基礎番号に加えて、加工がなされた場合、さらに5桁ずつ追加されるしくみになっています。当店ではそのあたりは適当に『F』とか『AB』の略称に置き換えていることもありますが、実際はこれらにも番号があります。
加工とは、ラスターやピカソのコーティング、マットフロスト、エッチング(擦りガラス状のマットよりも、表面がぼろぼろに溶けたタイプ)などです。これらも天然石をイメージ元とした加工です。

色ガラスは先人が苦労に苦労を重ねて色作りに励んできたわけですが、化学反応によるものなので、表現できる色合いには範囲があります。
しかしながら、無い色は近年、ペイントコーティングにより生み出されています。加工に加工を重ねることも可能なので、そうなると、チェコガラスビーズのカラーバリエーションは無限大ですね。

※掲載のサムネイルは公式による色見本画像ですが、実物と異なる場合があります。モニター画面、設定等の閲覧環境によっても異なります。あくまで目安にとどめてください。正確な色見本は、やはり実物を入手する必要があります。

必ずお読みください

素材について

お取り扱いには十分ご注意ください。

梱包について

簡易包装でお届けします。

領収書について

発行しません(ご利用明細書のみ)。

ギフト対応について

ラッピングサービスは未対応です。

お急ぎの方に

即日発送、早めの対応はお断りしています。

特別注文について

現在は別注の受付を休止しています。

ご注文後に自動送信メールが届きます。メールが確認できない場合は放置せずにすみやかに当店までお知らせください。メール不達の原因や設定についてはご利用の通信サービスにお問い合わせ願います。

バーコード スマートフォン、タブレット各端末からもご利用可能です(iOS7、Android 4.0以降推奨)。
お問い合わせフォーム
特定商取引法に基づく表記 / privacy policy

PARAPHERNALIA