チェコビーズ ドロップ100色以上!PARAPHERNALIA(パラファネリア) ハンドメイド材料・ツール通販 by PENRY

・パラファネリアはチェコビーズのドロップ(しずく型)を中心に販売しているショップです。
チェコビーズとは・・・チェコ共和国(Czech Republic)で製造されたガラスビーズです。当店は直輸入による現行品を主に取り扱います。

ドロップ留めの手順

ドロップ留め(めがね留め)の方法について手順とポイントを記します。仕上がりは同じでも、人によってやり方は異なるので、色々試してみて自分のやりやすい方法を見つけてみてくださいね。

6x9ドロップを使用したケース

準備するもの

  • 丸ヤットコ(ワイヤーを曲げる道具)
  • 平ヤットコ(パーツを掴んだり押さえたりする道具)
  • ニッパー(ワイヤーをカットする道具)
  • ワイヤー(26〜20ゲージで芯が真鍮や銅製の柔らかい素材のもの)
  • ビーズ(横向きに穴が通ったドロップ型)
01/10.ワイヤーを10センチほどカットしてビーズを通します。
ビーズがスムーズにスライドする太さのワイヤーを選んでください。
ちなみにチェコビーズのホールサイズはおよそ1ミリ前後です。
02/10.ワイヤーの片側を曲げます。
03/10.ワイヤーがビーズに沿うように角度を付けるのがコツです。
04/10.曲げた方をさらに外側に曲げます。
『く』の字になるように曲げてください。
05/10.『く』の字の上側を2ミリ程残してニッパーでカットします。
06/10.もう片方のワイヤーをビーズの付け根に近いところで曲げます。
この際、ビーズに傷が付かないよう注意してください。
07/10.カットした方と合わせて摘みます。
下部が三角形になるように整えてください。
26ゲージ以下の細いワイヤーは、三角のトップの合わさった部分をねじって固定しておくと扱いやすいです。
08/10.長い方を丸ヤットコで丸めます。
輪の大きさは、繋げるパーツやデザインに合わせて調節してください。
09/10.カットした方を巻き込みながら、根元に巻きつけていきます。
丸ヤットコを輪に通したまま固定しておくと巻きやすいです。
巻き付けるワイヤーは別のヤットコで引っ張り気味にすると仕上がりが良くなります。
10/10.端をカットして整えて完成です。
カットした端が引っかからないように注意してください。

画像はわかりやすいようにゆるめに、輪も大きめにしています。シルエット、バランスはもちろんのこと、ワイヤーを巻きつける回数などは、デザインやワイヤーの太さによって調整してください。
コツは、ワイヤーを触り過ぎないこと、です。

公開チュートリアルは多々見かけるのですが『めがね留めをしてあるビーズをパーツとして販売してほしい』というリクエストも度々受けるので、載せてみました。もし、苦手だとか面倒だとかいった理由で他力に頼ろうとしているのであれば、残念に思いますね。練習すれば出来るようになりますよ。

上記の他にも、Tピンや玉ピン、9ピン、パーツやカンを使用した方法もあります。製作の際は、強度や重量も念頭に入れてみてください。

必ずお読みください

素材について

お取り扱いには十分ご注意ください。

梱包について

簡易包装でお届けします。

領収書について

発行しません(ご利用明細書のみ)。

ギフト対応について

ラッピングサービスは未対応です。

お急ぎの方に

即日発送、早めの対応はお断りしています。

特別注文について

現在は受付を休止しています。

ご注文後に自動送信メールが届きます。メールが確認できない場合は放置せずにすみやかに当店までお知らせください。メール不達の原因や設定についてはご利用の通信サービスにお問い合わせ願います。

バーコード スマートフォン、タブレット各端末からもご利用可能です(iOS7、Android 4.0以降推奨)。
お問い合わせフォーム
特定商取引法に基づく表記 / privacy policy

PARAPHERNALIA